茨城港(大洗港区)の概要

茨城港(大洗港区)

関東と北海道を結ぶ物流拠点「茨城港大洗港区」

昭和33年地方港湾指定を期にそれまでの港名、磯浜港を大洗港に改め、新たな港湾建設が開始されました。54年には重要港湾の指定を受け、現在、輸送機械を中心に約12,700千トンの貨物を取り扱っています。
また、首都圏-北海道を結ぶフェリーを運航、周辺の海域環境の整備などが進められ、海洋レクリエーションの場としてもにぎわいを見せています。

大洗港区開発の経緯

大洗港区は、茨城県臨海部のほぼ中央に位置し、水戸市からも約10kmと、近距離であることから、古くから漁港、行楽地として知られていました。
しかし、那珂川の河口部に位置するため、漂砂量が多く、中~大型船舶の停泊できる水深を備えた港湾の維持が難しく、小型漁船で出漁せざるを得ない地元住民にとって、大規模な港湾を建設することは悲願でした。
昭和33年、地方港湾の指定を受け、昭和36年港5カ年計画で待望の港湾建設が開始されました。
さらに、北関東の開発および物流拠点、特にフェリー基地としての候補地として注目され、昭和54年5月に重要港湾の指定を受けるとともに、長距離カーフェリーの寄港を前提とした沖防波堤、-8.0m岸壁の整備に着手し、昭和60年3月から大洗~苫小牧・室蘭が就航しました。
現在、港湾周辺に商業施設が数多くオープンし、首都圏の新しいマリンリゾートとして賑わっております。

昭和37年撮影

昭和37年撮影

昭和49年撮影

昭和49年撮影

平成25年撮影

平成25年撮影

沿革

1961(昭和36)年 3月 大洗港起工式
1970(昭和45)年 6月 第1船入港
1971(昭和46)年 11月 第1埠頭地区埋立竣功
1978(昭和53)年 11月 第2埠頭地区埋立竣功
1979(昭和54)年 5月 重要港湾に指定される
1985(昭和60)年 2月 大洗港フェリーターミナルビル完成
大洗港~苫小牧港、室蘭港にカーフェリー就航(週6便)
1986(昭和61)年 3月 第3埠頭地区埋立竣功
1988(昭和63)年 4月 県立大洗海浜公園供用開始
1992(平成4)年 7月 大洗マリーナ供用開始
1993(平成5)年 11月 室蘭航路(東日本フェリー)増便(2002年5月廃止)
苫小牧航路(ブルーハイウェイライン)増便
1994(平成6)年 10月 新旅客ターミナルビル完成
第4埠頭地区埋立竣功
1995(平成7)年 1月 第4埠頭-8m岸壁供用開始
1997(平成9)年 9月 東京~大洗~苫小牧航路(ブルーハイウェイライン)開設(1999年4月廃止)
1999(平成11)年 4月 大洗~苫小牧航路(ブルーハイウェイライン)増便、 1日2便体制へ
2001(平成13)年 7月 苫小牧航路運行会社がブルーハイウェイラインから商船三井フェリー
延伸により、中国・フィリピン・ベトナム・タイ定期コンテナ航路に変更
2002(平成14)年 3月 「アクアワールド・茨城県大洗水族館」がリニューアルオープン
苫小牧航路が商船三井フェリーと東日本フェリーの共同配船
2005(平成17)年 3月 「プロジェクト大洗」発足(~2008年3月)
2006(平成18)年 2月 「日光・大洗クルーズ船誘致協議会」設立
「大洗リゾートアウトレット」がオープン
2007(平成19)年 1月 苫小牧航路運航会社が商船三井フェリーへ一体化
2009(平成21)年 3月 港湾計画改訂
2009(平成21)年 7月 「大洗リゾートアウトレット」が増床オープン
「かねふく めんたいパーク」がオープン
2010(平成22)年 7月 日光地区観光協会連合会と振興協会が、クルーズ船の誘致を目指す協議会設立
2011(平成23)年 3月 東日本大震災発生
2013(平成25)年 4月 大洗マリーナリニューアルオープン

茨城港(大洗港区)の主な立地企業

茨城港(大洗港区)の主な立地企業

管内のプロジェクト

ページトップへ