統計資料

鹿島港における取扱貨物量の推移・品種別取扱貨物量、常陸那珂港における取扱貨物量などのデータを掲載しています。

港の元気は暮しの元気(港の必要性)

世界経済のボーダレス化が進展する中、島国日本に住む私たちにとって港は必要不可欠な社会資本です。現在、食料の7割、エネルギー資源の9割をはじめ、近年では日用雑貨品の多くも海外に依存しており、その貿易量は11億トン(国民1人あたり8トン)に達しています。その貿易額の約8割、貿易量ではじつにその99.7%が港湾貨物となっています。まさに港湾はわが国の国際物流の拠点といえます。 出展:日本関税協会「外国貿易概況」(平成13年累計)

関東の港湾・空港における貨物取扱実績

鹿島港開発の効果

鹿島港貨物取扱いデータ集

輸出・輸入

移出・移入

取扱貨物量

茨城港貨物取扱いデータ集

輸出・輸入

移出・移入

取扱貨物量

管内のプロジェクト

ページトップへ