事業紹介

川崎港 東扇島〜水江町地区 臨港道路

整備概要

本事業は、川崎市臨海部の自動車交通渋滞の緩和、発災時の東扇島地区から川崎市内陸部への緊急支援物資の輸送ルートのリダンダンシー(代替性)の確保を目的としています。
事業概要

整備概要

事業全体計画

整備期間 平成21〜30年度
起点 臨港道路東扇島幹線5号道路
終点 市道皐橋水江町線
総延長 約3.0km
車線数 往復4車線(一部2車線)・歩道(片側)あり
設計速度 50km/h
道路規格 道路構造令 第4種1級に準拠

完成イメージ

完成イメージ

環境影響評価

川崎市環境影響評価に関する条例に基づき、本事業実施に伴う周辺環境への影響について予測・評価を行っています。
条例環境影響評価書のあらまし

工事レポート

工事の進捗状況を随時レポートいたします。
工事レポートはこちらから

※川崎港臨港道路についてのお問い合わせ先
      川崎港臨港道路担当  入澤・福本
   TEL:045-226-3750  FAX:045-226-3756  E-MAIL:keihin-k83ab@mlit.go.jp

工事の状況

工事の状況を動画でご覧いただけます。(画像をクリックすると別ウィンドウで開きます。)

 鋼管杭打設・ジャケット据付  ニューマチックケーソン
基礎構築
 ニューマチックケーソン
沈下掘削
作業用架設桟台の基礎杭打設・ジャケットの据付をしています。

MP4: 8.8MB 2分24秒
ニューマチックケーソン基礎の作業室を構築しています。

MP4: 8.5MB 1分32秒
ニューマチックケーソン基礎を沈下させるために掘削しています。

MP4: 8.8MB 2分45秒

 ※ニューマチックケーソン工法とは・・・
   無人の掘削機械を使用して、ケーソン(陸上で製作した構造物)下部にスペースを作りながら、徐々に
   ケーソンを沈めていく工法です。安全で効率的な作業が可能となります。