事業紹介

横浜港 南本牧ふ頭地区コンテナターミナル整備

整備概要

京浜港(横浜港・川崎港・東京港)、阪神港(大阪港・神戸港)が、平成23年4月の改正港湾法の施行により国際コンテナ戦略港湾となり、「海洋国家日本の復建」の一環として、大型化が進むコンテナ船に対応し、アジア主要国と遜色のないコスト・サービスの実現に向けて、南本牧ふ頭では大規模コンテナターミナルの整備を行っています。

横浜港南本牧ふ頭は、コンテナ船の大型化に対応できる大水深の岸壁整備が比較的容易な地盤条件となっており、大規模地震発生時における国際物流機能を維持するため、我が国最大級のMC-3・4岸壁(耐震)の整備を進めています。

整備概要

事業全体計画

  MC-3・4
事業期間 平成19年度〜平成32年度
事業概要 岸壁 (水深18m〜)(耐震)、900m
航路・泊地 (水深18m)

平成29年度は、以下の工事を行う予定です。

 ■岸壁(水深18m)(耐震)の裏込工、クレーン基礎工等

現地条件

  • MC3岸壁部の地盤は、海底面が-27m〜-30m程度と深い大水深域である上、支持層(岩盤層)の起伏が激しく、軟弱な粘性土層の厚さが岸壁法線上で大きく変化しています。
  • そのため、軟弱な粘性土層(Ac1層、Ac2層)に対して、打設深度の異なる多断面の地盤改良対策(CDM改良等)が必要となります。

岸壁構造比較検討

構造断面

     

工事レポート

工事の進捗状況を随時レポート致します。
工事レポートはこちらから

工事の状況 〜南本牧ふ頭MC-3コンテナターミナルが出来るまで〜

工事の状況を動画でご覧いただけます。(画像をクリックすると別ウィンドウで開きます。)
 ※南本牧ふ頭MC-3及びMC-4の施工状況を編集して作成しています。

@ 海上地盤改良 A 鋼板セル製作 B 鋼鈑セル据付
海底の「地盤改良」を施工しています。
岸壁部分に使用する「鋼板セルを製作」しています。
岸壁部分に使用する「鋼板セルを据付」しています。
C アーク据付 D 鋼鈑セル中詰
(リクレーマー揚土)
E 舗装
岸壁部分に使用する「アークを据付」しています。
岸壁部分に据付した「鋼板セルの中詰」を施工しています。
コンテナターミナルの「舗装」を施工しています。
F ガントリークレーン G RTG
(トランスファークレーン)
 
コンテナを積み降ろしする荷役機械「ガントリークレーン」を設置しています。
ターミナル内のコンテナを移動させる荷役機械「RTG(トランスファークレーン)」を搬入しています。

リーフレット

 
MC-3コンテナターミナル 〜日本初の水深18m耐震強化岸壁〜(PDF版 3.6MB)
【平成27年 京浜港湾事務所作成】