横須賀港

直轄施工のあゆみ

(出典:運輸省第二港湾建設局 京浜港湾事務所 京浜港直轄施工100周年記念誌 港のあゆみ)

東京湾口の産業拠点

横須賀港は、かつて舞鶴、呉および佐世保と並ぶ軍港として栄えた港です。 現在、自動車製造、造船、火力発電所などを擁する産業の拠点、自動車の輸出入等の物流拠点として重要な役割を果たしています。

今後、東京湾の湾口部に位置する立地上の優位性を活かした物流機能の強化および海洋性レクリエーション需要などに対応した整備が進められ、「国際海の手文化都市・横須賀」をスローガンにさらなる発展を図ろうとしています。

データで見る横須賀港

出典:横須賀港統計年報