事業紹介

横浜港 国際海上コンテナターミナル再編整備事業

 工事の進捗状況は、工事レポートをご覧ください。

整備概要

 コンテナ船の大型化や船社間の連携による基幹航路の再編等、海運・港湾を取り巻く情勢が変化する中、基幹航路に就航する大型船の入港や、増加するコンテナ貨物の取扱いに適切に対応し、我が国に寄港する基幹航路の維持・拡大を図るため、横浜港においてコンテナターミナルの再編整備を進めます。

整備概要

事業全体計画

事業期間 令和元年度〜令和13年度
事業概要
〈新本牧ふ頭地区〉
岸壁(水深18m)、護岸(防波)、防波堤、荷さばき地、道路、荷役施設
〈本牧ふ頭地区〉
(本牧BC)
岸壁(水深16m)、泊地(水深16m)、航路・泊地(水深16m)、航路(水深16m)、荷さばき地、荷役施設
(本牧D5)
岸壁(水深16m)(改良)、荷さばき地
(本牧CD)
岸壁(水深7.5m)
(本牧A)
道路

令和2年度は、以下の工事を行う予定です。

  • 本牧ふ頭地区BC岸壁(水深16m)の本体工および航路(水深16m)、航路・泊地(水深16m)の浚渫工
  • 新本牧地区岸壁(水深18m〜)及び護岸(防波)の地盤改良工、基礎工、本体工等

事業の効果

  • コンテナ貨物の増加とコンテナ船の大型化に適切に対応することにより、海上輸送コストの削減等が可能となります。
  • アライアンス拠点港としての利便性を高め、北米・欧州基幹航路の維持・拡大を図ることにより、物流効率化による我が国産業の国際競争力強化に寄与します。
  • 耐震岸壁の整備により、震災時においても物流機能が維持されることで、我が国の産業活動と市民生活の安全・安心を確保します。

このページの先頭へ