文字サイズ変更について サイトマップ
サイト内検索
HOME > 東京湾まめ知識 > 東京湾に人がつくった「島(しま)」があるの?
東京湾まめ知識
アクセス
東京湾に人がつくった「島(しま)」があるの?

当時(とうじ)の東京をまもる人工島(じんこうとう)

 明治時代 めいじじだい当時 とうじ陸軍 りくぐんは、外国人 がいこくじんが海からせめこんできたときに そなえて、東京湾 とうきょうわん入口 いりぐちに3つの人工 じんこう しまを作り、そこに大砲 たいほうをおいて東京を守ることにしました。その大砲を置いた島が「海堡 かいほ」なのです。

以前は3つ、今は2つ

じつは「第三海堡 だいさんかいほ」は今はないんです。完成 かんせいから2年後の関東大震災 かんとうだいしんさいでくずれてしまい、暗礁 あんしょうとなっておおくの船がぶつかる事故 じこがそこでおこっていたため、平成12年から7年かけて取りのぞきました。

海堡は立入禁止(たいちいりきんし)だぞ

 いま、のこっている2つの海堡は、国が管理 かんりしているので、かってにはいっては、いけないんだ。それにキケンだから、ぜったいにはいってはいけないんだよ!

▲ページトップへ