NETIS新技術の募集国土交通省関東地方整備局 横浜港湾空港技術調査事務所
技術活用システム NETIS新技術登録申請 一般公開NETIS

新規申請 新規申請について 様式のダウンロード 留意事項    
更新・変更 更新について 選択フロー A・B更新のみ 抹消希望 留意事項
Q&A Q&A        

留意事項

●留意事項について


●横浜港湾空港技術調査事務所では、更新・変更作業の代行はしておりません。必ず更新に関する各タイプ別のページにある手順を踏まえ、情報提供者自身で更新・変更作業を行い提出してください。(提出される前に「更新・変更に係わるチェックシート」にて再度確認してください。複数技術ある場合は、1技術に対して1フロッピーディスクの提出でお願いします。)


●新技術情報入力システムのバージョンが最新のものをダウンロードして、資料を作成して下さい。旧バージョンで作成した電子データを、最新のバージョンのシステムで読み込むと、自動的に最新バージョンに変換されます。  ただし、「概要」「適用条件」等、各項目に最初から記載されている項目が消えてしまう場合があります。その箇所については「チェックシート」を参考に@・・・、A・・・等の項目を記入してから、それぞれに答えるようにしてください。


●変更内容として、新技術名称の変更は基本的に出来ません。やむを得ない事情がある場合は、新技術担当に相談して下さい。


●横浜港湾空港技術調査事務所 で更新・変更手続きができる新技術情報は横浜港湾空港技術調査事務所で登録したもの(登録番号KTK-○○○○○○)に限ります。その他の登録番号については、下記技術調査事務所にて更新・変更作業を行ってください。なお、横浜港湾空港技術調査事務所以外での手続きに関する必要書類の入手や不明な点などについては、手続きをする技術調査事務所のホームページを参照し、直接問い合わせ下さい。

HK-○○○○○○ 防災・技術センター(北海道)
HRK-○○○○○○ 新潟港湾空港技術調査事務所
KTK-○○○○○○ 横浜港湾空港技術調査事務所
CBK-○○○○○○ 名古屋港湾空港技術調査事務所
KKK-○○○○○○ 神戸港湾空港技術調査事務所
CGK-○○○○○○ 広島港湾空港技術調査事務所
SKK-○○○○○○ 高松港湾空港技術調査事務所
QSK-○○○○○○ 下関港湾空港技術調査事務所


●郵送物等郵送先登録申請について
新技術担当からの郵送物に関し、送付先を登録して頂いておりますが、内容に変更が生じた場合は、速やかに変更申請の手続きをとってください。


●ウイルス対策について
新技術情報の修正については、申請者と横浜港湾空港技術調査事務所新技術担当との間において、メールに資料を添付して頂く形で実施しているところですが、お送り頂いたメールがウイルスに感染しているため資料が届かないといった現象が生じる事が考えられます。 横浜港湾空港技術調査事務所新技術担当とのメールのやり取りにかかわらず、メールを送受信されるパソコンなどのウイルス対策の実施をお願いします。


●申請に関する費用について
新技術情報の申請に関わる費用は一切かかりません。


●更新・変更等に関する費用について
新技術情報の更新・変更等に係わる費用は一切かかりません。


●新技術情報の提供停止について
現在掲載中の新技術情報の提供を停止したい場合は、所定の手続きをとってください。詳細については、新技術申請先の新技術担当までお問合せ下さい。 (*横浜港湾空港技術調査事務所で扱える既登録技術は、KTK-で始まる番号の技術です)


Copyright (C) 2006 国土交通省関東地方整備局 横浜港湾空港技術調査事務所 All rights reserved.