NETIS新技術の募集国土交通省関東地方整備局 横浜港湾空港技術調査事務所
技術活用システム NETIS新技術登録申請 一般公開NETIS

新規申請 新規申請について 様式のダウンロード 留意事項    
更新・変更 更新について 選択フロー A・B更新のみ 抹消希望 留意事項
Q&A Q&A        

更新

 試行申請型または発注者指定型として登録されている新技術で施工実績が増えた場合や、内容の一部に変更が生じた場合、技術内容等に進捗があった場合など、下のフロ−図を参照し、更新の手続きをとってください。 必要な様式などについては、このページからダウンロード出来ます。





(※1)メール送信内容



新技術情報の更新・変更は随時受付けております。ヒアリングや電話による予約などの必要はありません。様式2,3,4の資料を添付し、下記内容を網羅して、pa.ktr-netis83ab@mlit.go.jpまでメールをお送り下さい。
メールの題名 : 「KTK-○○○○○○の更新について」としてください。
メールの内容
新技術名称 :  
会社名 :  
実務担当者名:  
電話番号 :  
メールアドレス :  

注)提出される原本データは申請者が各自保管しておいて頂くようにお願いしているとおり、NETIS登録時に受付けたデータFDに関して、返送等の対応は行っておりません。 データを紛失された場合は、はじめから作成してください。

●様式のダウンロードはこちらから

1 新技術情報入力システム
(技術概要説明資料・様式2)
ダウンロード
2 「更新」セット ダウンロード
上表の1はダウンロードをクリックすると国土技術政策総合研究所ホームページの「港湾CALS」のページが表示されます。
このページの「新技術申請に係わる提出書類について」をクリックし表示されるページの「登録申請書類」より所定様式をダウンロードしてください。
※Internet Explorerの場合は、リンクを右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください。
※Netscape Navigatorの場合は、リンクを右クリックし、「リンクに名前をつけて保存」を選択してください。


【注意事項】
注1 更新データは、必ず最新の『新技術情報入力システム』により作成してください。
注2 最新データを印刷したもの
更新及び変更箇所が分かるように、蛍光ペン等で着色してください。
注3 新技術申請書更新・変更に係わるチェックシート:
※更新・変更用書類作成後、提出書類一式を郵送する前に、間違いがないか自己診断を行ってください。
注4 特許関係資料(資料KTK−1)、開発体制資料(資料KTK−2)について
※初回(前回)提出時に出願中で現在特許等を取得した(または取得できなかった)場合など、状況が変わった場合に提出してください。
注5 電子媒体資料(MO・CD-RW)
※横浜港湾空港技術調査事務所では新規申請の際、新技術に関するパンフレットや学会資料などの電子化にご協力していただいております。
更新・変更手続きの際、電子化された新技術に関わる資料と収納されているデータの目次の提供をお願いします。
(重要)必須データとして、様式3にて記入した基準の引用元のコピー(スキャナー等で読み込んだ物)
Copyright (C) 2006 国土交通省関東地方整備局 横浜港湾空港技術調査事務所 All rights reserved.