トップページ > 総合技術情報 > 図書室 > 横浜技調の歴史
横浜技調の歴史
横浜港湾空港技術調査事務所は「横浜調査設計事務所」と「横浜機械整備事務所」が平成13年1月に合併し発足しました。
横浜調査設計事務所 横浜機械整備事務所
大正 10年(1921) 内務省横浜土木出張所横浜機械工場として発足
昭和 11年(1936) 内務省横浜港修築事務所機械工場に改称
18年(1943) 運輸逓信省第二港湾建設部横浜港修築事務所機械工場に改称
20年(1945) 運輸省第二港湾建設部横浜港修築事務所機械工場に改称
21年(1946) 運輸省第二港湾建設部横浜機械工場として独立
33年(1958)
横浜機械整備事務所全景
34年(1959) 運輸省第二港湾建設局横浜調査設計事務所発足 庁舎(橋本町)完成
35年(1960) 水理実験場(屋外)設置 運輸省第二港湾建設局横浜機械整備事務所に改称
37年(1962)
庁舎(高島町)完成
40年(1965) 仕上・鍛冶・製缶工場完成
庁舎増築
51年(1976) 新水理実験場完成(現施設)


水理実験場庁舎(山の内)【昭和50年撮影】


造波機(昭和50年建設時)

54年(1979) 施工技術センター(現多目的プラザ)建築
58年(1983) 水理実験場造波装置一部を改造
59年(1984) 水理実験場造波装置一部を改造
62年(1987) 技術開発課を設置
平成 元年(1989) 事務所設置30周年記念式典
5年(1993) 横浜第二合同庁舎に移転
6年(1994) 施工技術課を設置
7年(1995) 水理実験場20周年祝賀会
8年(1996) 水理実験場を水理・環境実験センターに改称
9年(1997) 環境課を設置
11年(1999) 横浜調査設計事務所四十周年記念式典
12年(2000)
横浜機械整備事務所全景


横浜機械整備事務所庁舎正面

13年(2001) 横浜港湾空港技術調査事務所
「横浜調査設計事務所」と「横浜機械整備事務所」が合併、「横浜港湾空港技術調査事務所」が発足
本庁舎(橋本町)と分庁舎(第二合同庁舎)で業務
16年(2004) 新庁舎完成、分庁舎から移転。べいくりんセンター建築



Copyright (C) 2005 国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所 All rights reserved.