トップページ > 総合技術情報 > 港湾と空港の構造物:コンクリートについて
 港湾施設紹介 | コンクリートについて
約100年前のコンクリート(第三海堡防波堤ケーソン)
第三海堡とは、東京湾防衛を目的として日本陸軍が東京湾浦賀水道に構築した海上要塞で、明治25年(1892)に着工、大正10年(1921)の完成ですが、軍事基地であったので詳細記録は残されていません。
この防波堤ケーソンは、大正2年(1913)頃の築造と推定され、海上要塞正面に位置した防波堤で、神戸港の防波堤と並んで国内最初のケーソン(函体)構造物といえます。


Copyright (C) 2005 国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所 All rights reserved.