トップページ > 総合技術情報 > 港湾と空港の構造物:コンクリートについて
 港湾施設紹介 | コンクリートについて
コンクリートの塩害(塩分浸透が鉄筋腐食を誘発する )
港湾施設コンクリートの断面カット試料による元素分布写真です。
(EPMA面分析試験)
実際の試料サイズは8cm×8cmで、塩素の濃度分布を色分けで表しています。
表面側の塩素濃度が濃いことから、海水飛沫塩分が浸透していることが良く解ります。
なお、写真内の黒い部分は骨材です。


Copyright (C) 2005 国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所 All rights reserved.