トップページ > 平成26年度のお知らせ > 横浜国立大学大学院の方々が「潮彩の渚」にて調査を開始されました。

横浜国立大学大学院の方々が「潮彩の渚」にて調査を開始されました。


 平成26年10月20日(月)より、横浜港湾空港技術調査事務所が管理している人工干潟「潮彩の渚」にて、渚における地形変化が生物動態に及ぼす影響を検討するため、横浜国立大学 大学院都市イノベーション研究院 鈴木崇之准教授指導のもと、修士課程に所属する7名の方々が地形測量や水質計測の調査を開始されました。
 今後、潮彩の渚にて月1回〜2回の頻度で地形測量、水質計測等を実施される予定です。





問い合わせ先
国土交通省 関東地方整備局 横浜港湾空港技術調査事務所
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町2-1-4
TEL 045-461-3896 FAX 045-461-3898
環境課長 吉田、港湾施設分析評価官 練尾

Copyright (C) 2005 国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所 All rights reserved.