トップページ > 平成16年度のお知らせ > 酸素発生電極による貧酸素水環境改善…

酸素発生電極による貧酸素水環境改善実験の一般公開のお知らせ

国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所では、閉鎖性の高い内湾域における底層の貧酸素域の水質環境改善や底泥からの栄養塩(リン、窒素)、硫化水素等の溶出を抑制することを目的として、酸素発生電極の適用性を調査するための貧酸素水及び底泥改善実験を実施しており、これを以下のとおり一般公開しますので、ご案内いたします。

公開実験は、実験用水槽(約7m3)に海水を導入し、酸素発生電極の海水電解により微細気泡の酸素を発生させ、水質環境改善効果を調査するものです。

1.日時:
平成16年10月28日(木) 13:30〜15:00

2.場 所:
横浜市神奈川区橋本町2−1−4
国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所実験工場

3.申 込 み:
平成16年10月27日までに下記事項をご記入のうえ、FAXまたはE−mailのいずれかによりお申し込みを お願い致します。
(1)酸素発生電極による貧酸素水環境改善実験見学希望
(2)見学希望日
(3)団体または会社名(個人の方は個人とお書き下さい。)
(4)所属部署(個人の方は記入不要です。)
(5)職名(個人の方は記入不要です。) ?氏名(参加者全員の氏名をお書き下さい。)
(6)電話番号
(7)FAX番号 ※申込多数の場合は、人数調整をさせていただきます。

4.申 込 先:技術開発課 山中、小日向
住所 〒221−0053 横浜市神奈川区橋本町2−1−4
国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所技術開発課

電話 045-461-3895
FAX 045-461-3899
E-mail yamanaka-y8310@pa.ktr.mlit.go.jp

5.参 加 費:
無料

6.集合場所:
国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所実験工場前

7.集合時間:
13:20


Copyright (C) 2005 国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所 All rights reserved.