羽田空港再拡張事業





 東京国際空港(羽田空港)は、既に能力の限界に達しており、首都圏における将来の航空需要の増大に、早急に対応することが求められています。その対応として、国際化を視野に入れつつ羽田空港の再拡張に早急に着手し4本目の滑走路を整備することが都市再生プロジェクト等において位置づけられており、国土交通省としては、早期着工・早期完成に向けて最大限の努力を行っているところです。
 関東地方整備局においては、新滑走路の2009年末の供用を目指し、2005年3月22日に「東京国際空港D滑走路建設外工事」の入札を行い、3月29日に請負契約を締結致しました。今後は、2006年春の着工に向けて関係手続きを進めてまいります。
 
 
 

東京国際空港D滑走路建設外工事の入札契約について

羽田空港新滑走路建設工事に係る第三者委員会(「コスト縮減検討委員会」および「技術検討委員会」)について(国土交通省航空局ホームページ)

東京国際空港再拡張事業に係る環境影響評価について

東京国際空港国際線地区エプロン等整備等事業(PFI事業)について

羽田空港再拡張事業について(国土交通省航空局ホームページ)

羽田空港再拡張関係(東京空港整備事務所ホームページ)




港湾空港部トップへ戻る

最終更新:2007年6月8日