本文へスキップ
ホーム > 港湾・空港 > みなとガイド > 横浜港 > 大黒ふ頭周辺
港・空港

みなとガイド

横浜港

大黒ふ頭周辺

大黒ふ頭

大黒ふ頭

公園緑地が整備され、環境にも配慮したふ頭

ふ頭の特色

昭和46年から埋立を開始し、平成2年に完成した、横浜港最大の島式ふ頭で、首都圏の自動車、建設機械の輸出拠点です。また、コンテナバースはじめ、大規模な物流設備が整備されており、横浜港の物流機能の強化に貢献しています。

主な取り扱い貨物

輸出/輸送機械、染料等化学工業品、ゴム製品など
輸入/非鉄金属、輸送機械、日用品など

主な定期コンテナ航路

中国(7便/週)/東南アジア(4便/週)/中南米(2便/週)/北米(2便/週) ほか

自動車(乗用車)運搬船

自動車(乗用車)運搬船

箱のような形で、中央部と後部の出入り口から自動車を実際走らせて積み込みます。
一度に約6,500台の乗用車を積める大きな船もあります。

Y−CC(横浜港流通センター)

Y−CC(横浜港流通センター)

荷捌き、保管、流通加工、配送などの機能を持つ国内最大級の総合物流施設。

多様化する物流ニーズに対応すべく、大黒ふ頭で平成8年から稼動している大規模総合物流施設です。延床面積は32万m2で、国際貿易港・横浜港の最先端という立地条件に恵まれ、45フィートコンテナトレーラーが直接乗入れ可能なランプウェイなど、機能性・利便性の良さが関係者の高い評価を得ています。

関東地方整備局 港湾空港部 所在地 〒231-8436 横浜市中区北仲通5-57  横浜第2合同庁舎 14階