本文へスキップ
ホーム > 港湾・空港 > みなとガイド > 横浜港 > 南本牧ふ頭周辺
港・空港

みなとガイド

横浜港

南本牧ふ頭周辺

南本牧ふ頭

南本牧ふ頭

横浜港の次世代を担う最新鋭のふ頭

ふ頭の特色

横浜港において増大する外貿コンテナ貨物やコンテナ船の大型化に対応することを目的とした大水深・高規格のコンテナターミナルとして、平成2年度に整備を開始し、平成13年(2001年)に第1期地区(MC−1、MC−2)の供用を開始した横浜港で最も新しいふ頭です。≦br> 我が国初の水深−16mを備えた岸壁で、世界最大級の大型コンテナ船にも対応できます。
横浜港の外貿コンテナの約3割を取り扱っています。

主な定期コンテナ航路

欧州(2便/週)/北米(3便/週)/東南アジア(6便/週) ほか

スケールアップする南本牧ふ頭

メガ・ガントリークレーン

世界最大のコンテナ船にも対応できる4つの大水深(-16m超)・高規格コンテナターミナル。

船舶の大型化や物流機能の効率化・高度化などに対応し、港湾整備が着々と進む南本牧ふ頭。平成19年度より国内最大の水深−20mの岸壁を有する新たなコンテナターミナル(MC−3)の整備に着手し、平成24年度の完成を目指して整備を進めております。またMC−4についても今後整備を計画しています。

流通倉庫、複合流通ターミナルを備えた新時代の総合物流拠点に。

南本牧ふ頭は、高規格コンテナターミナルに加え、商品管理機能や物流情報機能を有する流通倉庫、展示機能や加工・組立機能、航空貨物の通関機能も有した複合流通ターミナルなどを備え、新時代の総合物流拠点として発展しています。 また、既存の陸地とふ頭は、全4車線の斜張橋「南本牧大橋」によって結ばれます。

関東地方整備局 港湾空港部 所在地 〒231-8436 横浜市中区北仲通5-57  横浜第2合同庁舎 14階