本文へスキップ
ホーム > 港湾・空港 > みなとガイド > 横浜港 > 本牧ふ頭周辺
港・空港

みなとガイド

横浜港

本牧ふ頭周辺

本牧ふ頭

本牧ふ頭

日本最大の規模を誇る横浜港の主力ふ頭

ふ頭の特色

横浜港のコンテナ貨物の約60%を取り扱う主力ふ頭です。
かつては、A〜Dの4つの突堤に分かれたくし形のふ頭でしたが、増大するコンテナ貨物やコンテナ船の大型化に対応するためB・C突堤間を埋立、スーパー中枢港湾の次世代高規格コンテナターミナルとして再整備されました。

主な取り扱い貨物

輸出/輸送機械、ゴム製品、紙・パルプなど(南本牧ふ頭含む)
輸入/日用品、動植物性製造飼肥料、野菜・果物など(南本牧ふ頭含む)

主な定期コンテナ航路

中国(30便/週)/韓国(10便/週)/東南アジア(20便/週)/北米(10便/月) ほか

横浜ベイブリッジ

横浜ベイブリッジ

高さ175m斜張橋。真下には、港が眺望できる「スカイウォーク」。

平成元年に誕生した「大黒ふ頭〜山下・本牧」間で架かる、全長960mの道路橋です。
独自の外観やライトアップされた姿が人気で、定番のドライブコースとなっています。
橋の下部にあるのが、展望施設「スカイウォーク」。ここからは、富士山や房総半島など、360度の大パノラマを満喫することができます。

横浜港シンボルタワー

横浜港シンボルタワー

港を出入りする船に情報を提供

本牧ふ頭D突堤の先端にあり、横浜港を航行する船の信号塔です。無料開放の展望室からは、ベイブリッジをはじめとする横浜港の眺望や房総半島、富士山などを望むことができます。
Iの文字の点滅(入港してよい:総トン数500G/T以上は出航禁止)
Oの文字の点滅(出港してよい:総トン数500G/T以上は入航禁止)
Fの文字の点滅(1万5千トン未満の船は出入自由)
Xの文字の点燈(禁止信号:ストップ)

本牧ふ頭B・C突堤間の再編

本牧ふ頭B・C突堤間の再編前/再編後

水深15〜16mのコンテナ岸壁を整備。トランシップ機能を有したターミナルとして再生。

コンテナ貨物の増大やコンテナ船の大型化に対応するために、既存施設の再編・再整備をし、スーパー中枢港湾の次世代高規格コンテナターミナルとして、「横浜港メガターミナル(株)(YPM)」が運営するターミナルで平成17年12月に本格供用を開始しました。

施設要目

・コンテナ蔵置能力:33,000teu ・岸壁延長:BC1(-16m) 390m/ C(-13m) 1,000m
・スーパーガントリークレーン6基
・ガントリークレーン4基
・高性能トランスファークレーン22基 

臨港道路(大黒・本牧ふ頭)、一般国道357号の一体整備

臨港道路(大黒・本牧ふ頭)、一般国道357号の一体整備

ベイブリッジの下層部に一般道が誕生!物流の効率化と、輸送コストの縮減に効果を発揮!

下層部の一般国道357号線と大黒・本牧臨港道路は、物流コストの低減、市街地環境改善を目的に、道路事業として一般国道357号線、港湾事業として大黒ふ頭、本牧ふ頭と一般国道357号線を結ぶ臨港道路(大黒・本牧ふ頭ランプ部)を連携して整備し、平成16年4月24日に暫定2車線で開通しました。
これにより、横浜港の主要コンテナ埠頭である本牧ふ頭〜大黒ふ頭間は、これまでは一般道路を利用した場合60分を要していましたが、本道路の整備により、6分で結ばれることとなり、「物流コストの低減」、「市街地交通負荷の低減」に大きく寄与しております。

臨港道路(大黒・本牧ふ頭)、一般国道357号の一体整備写真

関東地方整備局 港湾空港部 所在地 〒231-8436 横浜市中区北仲通5-57  横浜第2合同庁舎 14階