本文へスキップ
ホーム > 港湾・空港 > みなとガイド > 東京港 > 日の出ふ頭周辺
港・空港

みなとガイド

東京港

日の出ふ頭周辺

竹芝ふ頭

※写真提供:東京都港湾局

周辺市街地と調和のとれたふ頭へ

ふ頭の特色

昭和63年からふ頭施設の老朽化と船舶の大型化へ対応するために、再整備を実施。現在は、伊豆・小笠原諸島方面への定期航路と島民への生活物資の輸送、島の特産物の受入れ基地として機能しています。
憩いの施設の充実も図り、平成7年には、客船ターミナルを中心に業務ビル、商業施設、ホテル、海浜公園などの施設がすべて完成しました。

主な取り扱い貨物

農作物、雑貨

主な定期航路

・伊豆七島航路(毎日)
・小笠原諸島航路(週1便) 竹芝ふ頭

竹芝ふ頭公園

※写真提供:東京都港湾局

帆船のマストが目印。1 階は広場、2 階はプロムナードデッキとなっています。伊豆七島へ向かう船やレインボーブリッジ、晴海ふ頭などの景観が楽しめます。夜はライトアップされ、夜景スポットとしても人気を集めています。

日の出ふ頭

写真提供:東京都港湾局

水上・海上バス、湾内クルーズの発着場

ふ頭の特色

昭大正14(1925)年に完成した東京港で最も古いふ頭。物流機能を芝浦へと移し、竹芝地区の再開発と連動させた業務、商業施設などの立地を進めるとともに、貨客船ふ頭としての整備が進められる予定です。

主な取り扱い貨物

非鉄金属、化成品、食料品、化学工業品

芝浦ふ頭

※写真提供:東京都港湾局

効率的な内貿雑貨拠点として整備

ふ頭の特色

埋め立てにより用地を広げ、日の出ふ頭の物流機能も集約した最新の内貿雑貨ふ頭として、機能の充実を図っています。
現在は、7バースが稼動。内質1号上屋から内質3号上屋までが完成し、平成7年に供用を開始しました。

主な取り扱い貨物

セメント、紙、食料品

関東地方整備局 港湾空港部 所在地 〒231-8436 横浜市中区北仲通5-57  横浜第2合同庁舎 14階