羽田再拡張事業の概要

本事業は、新たな4本目の滑走路(D滑走路)や国際線地区を整備し、年間の発着能力を現在の約30万回 から約41万回に増強し、発着容量の制約の解消および多様な路線網の形成により、多頻度化による利用者 利便の向上を図るとともに、将来の国内航空需要に対応した発着枠を確保しつつ国際定期便の受入を可能としたものです。
また、羽田空港再拡張事業により新たに国際線地区旅客ターミナルビル、貨物ターミナルやエプロン等の国際定期便の就航に必要な機能を整備しました。

→詳細
D滑走路工事完了直後の写真
(2010年9月2日撮影)

D滑走路工事完了直後の写真

【↑クリックすると、拡大した画像が見られます。】

羽田の作業機械 現場からの景色

部門別 記者発表&TOPICS
埋立部 桟橋部 埋立・桟橋接続部 連絡誘導路部 D滑走路・その他

D滑走路建設工事の状況
PRコーナー

トップページへ ホーム>事務所の概要>羽田再拡張D滑走路建設工事
Copyrigt © 国土交通省関東地方整備局東京空港整備事務所 All Rights Reserved.