ホーム » 事業の概要 » 工事の様子(動画)

工事の様子(動画)

H27年度 東京国際空港C滑走路地盤改良工事(その2)

 地震発災後も極力早期の段階で通常の50%に相当する輸送能力を確保するため、羽田空港では耐震対策を行っています。 そのひとつとして、地震時にC滑走路下の地盤が液状化するのを防止するため、改良工事を行っています。

H27年度 東京国際空港A滑走路北側護岸改修等工事

 高潮対策として護岸を嵩上げするとともに、護岸の背後を走行する車両の大型化に対応するための改良工事を行っています。

H27年度 東京国際空港H誘導路他舗装改良工事

 老朽化した舗装を補修するとともに航空機の交通量増大に対応するため、舗装の改良工事を行っています。
夜間(24:00~6:00)のみ施設を閉鎖して工事を実施した後、朝には航空機が使用できるように日々復旧します。

H25年度 東京国際空港C滑走路地盤改良工事

 地震発災後も極力早期の段階で通常の50%に相当する輸送能力を確保するため、羽田空港では耐震対策を行っています。 そのひとつとして、地震時にC滑走路下の地盤が液状化するのを防止するため、改良工事を行っています。

H26年度 東京国際空港西旅客ターミナル地区誘導路他舗装改良等工事

 航空機の大型化に対応するとともに老朽化対策として、誘導路やエプロン(駐機場)の舗装版の改良工事を行っています。 夜間(23:00~6:30)のみ施設を閉鎖して工事を実施した後、朝には航空機が使用できるように日々復旧します。

ページのトップへ戻る