事業概要

東京湾奥部海域環境創造事業

東京湾奥部海域環境創造事業(東京湾奥地区シーブループロジェクト)とは

東京湾奥部は水底質の悪化が顕在化しており、わずかに三番瀬等の貴重な自然環境が残されているものの、環境の再生が重点的に必要な地域です。港湾事業を行っている国土交通省千葉港湾事務所においては、環境創造型の事業を通じて東京湾奥部の海域環境再生へ積極的な貢献を果たすべく、「東京湾奥地区シーブループロジェクト」として、浚渫土砂を有効活用した覆砂事業を実施してきました。

本事業は、関東地方整備局港湾空港部が策定した東京湾環境計画に示す「かつての東京湾のように生物が豊かで人々が身近にふれあえる海」を将来世代にわたって創出することを基本理念とし、東京湾口航路(中ノ瀬航路)の浚渫事業で生じた良質な土砂を有効活用し、ヘドロの堆積した湾奥部へ覆砂を行い、水質・底質の改善を図り、生物生息場として機能する海域を創造することを目的とした事業です。

プロジェクトの評価にあたって

水底質の改善効果について、その継続性を確認をするため追跡調査を実施し、評価にあたっては学識者・有識者・行政関係者等で構成される検討会で多角的な視点での評価を実施いたしました。

プロジェクトの記録についてはこちら

概要版(1.5MB)

資料本編(一括ダウンロード/33.9MB)

国土交通省 関東地方整備局 千葉港湾事務所

260-0024 千葉市中央区中央港1丁目11番2号

TEL043-243-9172(代表) FAX:043-243-1939

海洋環境・防災課(べいくりんセンター)

221-0053 横浜市神奈川区橋本町2丁目1番4号

TEL045-444-3213 FAX:045-444-3216