木更津港の概要

木更津港【概要】

未来につながる港〜木更津港〜

木更津港は、木更津の「津」が「船着場」を意味する言葉であることからもわかるように、古くから開けた港です。中世には房総から鎌倉に上る渡船場として栄え、江戸時代には大阪冬の陣における戦功により木更津河岸の専用権を徳川幕府より与えられていました。 明治時代に入ると、木更津と東京・横浜間に定期船が就航し、港は栄えていきました。 木更津港は、昭和43年に開港指定を受け、続いて「重要港湾」に指定され、外国貿易港として法的にも整備されるに至り、その機能に期待が広がっていきました。 公共埠頭の中心が吾妻・江川地区から木更津南部地区へと移っていく中、千葉港湾事務所は、昭和62年から木更津南部地区の岸壁整備事業を進めています。 木更津港は、京浜工業地帯の一翼を担う工業港として整備することにより企業誘致や周辺企業の産業再生、地域経済活性化に向けて重要な役割を果していきます。

沿革
昭和43年 千葉港工事事務所木更津分室開所
木更津地区防波堤、航路着手
昭和46年 木更津地区防波堤(延長2,000m)
昭和49年 木更津地区航路完成
昭和50年 千葉港工事事務所木更津分室閉所
昭和62年 木更津南部地区-12m岸壁着工
昭和63年 千葉港工事事務所木更津分室開所
平成6年 木更津南部地区-12m岸壁2号バース着工
平成7年 館山道開通により千葉港工事事務所木更津分室閉所
平成8年 木更津南部地区-12m岸壁1号バース完成
平成19年 木更津南部地区-12m岸壁2号バース完成

木更津港 整備計画図

国土交通省 関東地方整備局 千葉港湾事務所

260-0024 千葉市中央区中央港1丁目11番2号

TEL043-243-9172(代表) FAX:043-243-1939

海洋環境・防災課(べいくりんセンター)

221-0053 横浜市神奈川区橋本町2丁目1番4号

TEL045-444-3213 FAX:045-444-3216